雨漏りを自分で修理するのは危険?雨漏りが発生した場合の取るべき行動を紹介します! 大府市・東浦町で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

0120-610-682電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

大府市外壁塗装

東浦町外壁塗装

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

雨漏りを自分で修理するのは危険?雨漏りが発生した場合の取るべき行動を紹介します!

2023.01.6

雨漏り修理

雨漏りが発生している場合にどうすれば良いか分かりづらいですよね。
ここで気をつけるべきことは、雨漏りを放置してはいけないということです。
雨漏りを放置することは、とても危険です。
そこで今回は、雨漏りを放置するとどうなるのかと雨漏りの修理は自分でできるのかについて紹介します。

□雨漏りを放置するとどうなるのか?

雨漏りを放置することは危険な状態です。
それは雨漏りの発生原因が建物の老朽化による可能性があるからです。
建物の老朽化は、柱や壁などが脆くなっているということです。

また、雨漏りの発生原因が老朽化ではなく、物理的に物がぶつかったことが原因で雨漏りが起きる場合があります。
老朽化していない建物でも雨漏りにより、徐々に老朽化進める恐れがあります。
つまり、雨漏りを放置することは建物の老朽化のサインを見逃していると言えます。

□雨漏りの修理は自分でできるのか?

雨漏りの根源を修理することは、自分でできません。
そのため、雨漏りの根源を修理するには雨漏り修理会社に依頼する必要があります。

自分で修理することは、漏電による感電や高所からの転倒などの危険性があります。
また、雨漏り状況を悪化させる可能性があるので、自分でできることはあくまでも応急処置程度しかできないでしょう。
応急処置程度と言いましたが、とても大切です。

*雨漏り発生した時の応急処置とやるべきこと

雨漏り発生で気をつけることは、二次被害を抑えることです。
そこで、天井から発生した雨漏りによる水滴をバケツやタオルで床を濡れないようにしましょう。
床材に水滴が染み込むことは、カビの発生やフローリングの劣化の原因です。
そのため、室内への被害を抑えることが大切です。

*どのような雨漏り修理会社に依頼するべき?

雨漏りの修理で重要なことは、発生原因からしっかりと直すことです。
発生原因から直さないとまたすぐに再発します。
そのため、発生原因から直すには修理技術を持っている会社に依頼すると良いでしょう。
当社はベテラン職人が揃っており、これまでたくさんの施工実績を持っております。
雨漏りでお困りの際はぜひ当社にご相談ください。

□まとめ

雨漏りを放置することは、建物が老朽化するサインを見逃しているので危険です。
自分でできる雨漏りの修理は、根源の修理が難しく危険性があります。
そのため、自分で修理しようとせず雨漏り修理会社に依頼しましょう。
当社は、経験年数20年以上のベテラン職人が揃っています。
雨漏りでお困りの際は、ぜひ当社にご相談ください。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。