大府市・東浦町で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装 よくある質問

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

よくある質問

外壁塗装・外壁リフォームのよくある質問

塗り替え時期のサインは何ですか?

新築あるいは塗料を塗り替えた時から5〜10年ほど経ち、外壁にひびが入ったり、苔のようなものが付いたり、さわると手に白い粉が付くなどしたら塗装を検討してはいかがでしょう。ご心配であれば、当社では一級塗装技能士による無料診断も行なっています。

塗装は必要でしょうか?

外壁は毎日、雨や紫外線から家本体を守ってくれています。外壁の表面に施されているのが、塗料の「塗膜」です。塗膜というコーティングで建物を保護していますが、時間が経つとともに塗膜が劣化すると、雨や紫外線から十分に守れなくなります。大切な住まいが長持ちするよう、塗膜を再生する塗装をオススメいたします。

どの塗料が良いのか分からないのですが…。

塗料には、幅広い種類があるので、迷われる方も多くいらっしゃいます。グレードや、耐久性、付着力、汚れにくさといった特徴もそれぞれで、お家の外壁の素材や状態によっても適したタイプは異なります。当社では、一級塗装技能士による無料診断で実際に外壁を拝見して、最適なものをいくつか選んでご提案しています。お気軽にご相談ください。

ホームページに記載されている料金に追加はありますか?

当社のホームページでは「施工料金」を明示しております。基本となる外壁塗装に加え、お住まいを長持ちさせるためにご希望の施工がありましたら、追加で工事を行うことが可能です。追加工事の料金は「よくある追加料金」に記載しておりますが、お客様のお住まいの状況やご要望によっては料金表に載っていないプランをご提案するケースもございます。
いずれの場合も、当社では最初に無料診断をした上で、施工内容と見積書をご提案いたします。そこにトータル料金も提示しており、ご納得いただいた上で施工に取り掛かりますのでご安心ください。

サイディングの外壁も塗装した方がいいの?

メンテナンスフリーのものもあり、サイディングの種類にもよりますが、モルタルと同様に外壁塗装を行うのが一般的です。サイディング表面は塗装されており、その耐用年数に近づくと劣化していくので、気になる症状が出てきたら塗装をご検討してはいかがでしょう。

保証期間はどれくらいあるの?

外壁塗装に使用する塗料によって異なります。実際の製品によりますが、シリコン塗料の場合は5年、ラジカル塗料は7年、フッ素塗料は10年のものが多いです。

外壁塗装はどれくらいもちますか?

使用する塗料をはじめ、お住まいの立地や外壁の状態などによって違ってきます。一般的には、シリコン塗料は8〜12年、性能の高いシリコン塗料は10〜12年、ラジカル塗料は10〜15年、フッ素塗料は15〜20年が目安です。

工事期間はどれくらいですか?

塗料には、幅広い種類があるので、迷われる方も多くいらっしゃいます。グレードや、耐久性、付着力、汚れにくさといった特徴もそれぞれで、お家の外壁の素材や状態によっても適したタイプは異なります。当社では、一級塗装技能士による無料診断で実際に外壁を拝見して、最適なものをいくつか選んでご提案しています。お気軽にご相談ください。

工事中、自宅を留守にできますか?

外壁塗装は、基本的に屋外の工事なので、お家の方がご不在でも差し支えありません。お仕事などをお休みいただく必要はありませんし、外出していただいても結構です。

ベランダに洗濯物を干してもいいですか?

基本的に外に洗濯物を干すのは難しい状況です。工事には水や塗料も使いますので、なるべくお控えいただきますようお願いいたします。

雨漏り修理・防水工事のよくある質問

屋根の塗り替えは必要ですか?

基本的には、日本瓦以外の屋根は、塗り替えが必要になります。現在主流となっているスレート屋根の場合には、塗装が劣化するとコケが生え、コケによって屋根材が侵食され、雨漏りにつながるケースもあります。屋根はお家を守る基本ですから、劣化が深刻化する前に塗り替えをオススメします。

屋根にはどの塗料を選べばいいのでしょう?

屋根塗装の塗料には種類やグレードがいくつかあり、ご希望の耐久年数、機能、ご予算に合わせてお選びいただけます。
当社では、お住まいの状態を無料診断した上で最適なものをいくつかご提案しています。ご不明な点があればお気軽にお尋ねください。

どれくらいの年数でのメンテナンスが必要ですか?

屋根や塗料の種類によって大きく異なりますが、表面の防水機能が衰える7〜12年で屋根の状態をチェックして、必要に応じて塗装を検討してみてください。

屋根修理に火災保険が適用できますか?

条件に当てはまれば可能です。火災保険には「風災」の補償があり、保険会社に風災と認められれば、規定に応じた保険金を受け取ることができます。風災とは、台風、強風、大雪などの自然災害のことで、これが原因で雨漏り、屋根材のズレ・割れなどが起きた場合に申請します。ただし、経年劣化で傷んだ場合は適用できません。

雨漏り修理は工事完了まで何日くらいかかりますか?

雨漏りの原因は様々なので、工事内容、建物の状況、天候などによって大きく異なります。目安としては、一般的な住宅が10日以内、屋根の大きな住宅が2~3週間となります。

防水工事にはどのようなものがありますか?

ウレタン防水、ゴムシート防水、FRP防水などがあります。施工場所によって適した工法が異なり、耐用年数やコストもそれぞれですので、お客様のお家の状況に合わせてご提案いたします。

屋根の「張り替え」と「重ね張り」との違いは何ですか?

「張り替え(葺き替え)」は今ある屋根材を撤去し、新しいものに替える工法です。「重ね張り(カバー工法)」は今ある屋根材の上から、新しいものを取り付けます。屋根材を撤去する処分費がかからず、コストを抑えられますが、屋根材の種類や劣化状況によっては施工できないケースもあります。

「付帯部」って何ですか?この工事も必要ですか?

付帯部(ふたいぶ)は、雨樋、雨戸、軒天(壁から突き出した屋根の裏側)など、外壁と屋根以外の部分で、建物の防水性を司っている重要なところです。例えば、雨樋の破損をそのままにすると、屋根を伝った雨が外壁に直撃し、外壁の塗膜の劣化が早くなる傾向に。外壁や屋根を塗装しても、付帯部の劣化を見過ごすと、建物全体の防水性は上がらず、美観も損なわれてしまいます。そのため、付帯部の工事も必要といえるでしょう。

雨の日は工事がお休みになりますか?

はい、基本的に塗装工事は乾燥した状態で行います。塗料に雨が混じると、本来の性能を発揮できないからです。雨上がりの場合も作業ができないケースがございますので、ご了承いただけると幸いです。

見積もりは無料ですか?

はい、当社では無料でお住まいの状況を診断し、施工内容と見積もりを提案させていただいています。ご提案はご要望やご予算などに合わせて、複数のプランを用意します。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。