火災保険で雨漏り修理・屋根防水工事なら大府市・東浦町の横山建装

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

火災保険の利用について

自然災害による復旧に、「火災保険」を使って
外壁修理・屋根修理・雨漏り修理を
できる場合があります!

豪雨のあとに雨漏りがする…

暴風でものが飛んできて外壁が壊れた…

台風で屋根、雨樋が破損した…

多くのお宅が加入している火災保険。実はそのほとんどが、火事だけではなく、台風や豪雨、落雷、ひょうといった「自然災害」による屋根・外壁への被害も補償対象になっているのです。例えば、「台風の突風で外壁材・屋根材が剥がれた」「暴風雨で屋根や雨樋が壊れた」「落雷で屋根・外壁が破損した」などの風災や落雷に対応できます。
保険プランによっては、洪水や高潮による水害も補償対象です。もし、大切なお宅が台風や豪雨などで被害が出てしまったら、ご加入の火災保険をチェックしてみてください。

「自然災害で家が壊れた‥」。
まずは「横山建装」へご相談ください!

火災保険を使った外壁・屋根の修理は、
大府市・東浦町を中心に
東海3県をカバーする
「横山建装」にお気軽にご相談ください。
外壁工事・屋根工事のプロとして、
お住まいの被害状況を実際に確認。
雨漏り調査も可能です。

まずはお気軽にご連絡ください

台風や豪雨、ひょう、雪などで被害を受けたら、
お気軽にお問い合わせください。
スムーズな申請のため、早めの対応をおすすめします。

火災保険が適用できるかジャッジ

お住まいの外壁や屋根の被害状況を点検します。
加入されている保険も確認し、受けた被害が補償対象かどうかを判断します。

お見積りして火災保険を申請

外壁や屋根を修理する工事の見積書をご提示します。
また、保険申請時に必要な、被害状況がわかる写真も用意いたします。

外壁修理・屋根修理

見積書と工事内容にご了承いただいた後、修理に着手します。
大切なお住まいの復旧のため、誠意を込めて工事に取り組みます。

「火災保険を使えるかどうか分からない」。
そんなときもお気軽にお問い合わせを。
保険申請もお任せいただけます!

火災保険の補償範囲は、もしかしたら皆さんが思っているより広いかもしれません。
ただ、火災保険には「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」などの種類があり、
加入されている保険によって対応する災害が異なるので注意が必要です。自然災害での被害が、
保険契約内容に適用するかどうかのご相談も「横山建装」で承っていますので、お気軽にご連絡ください。
必要に応じて、状況のご確認、見積もりご提案、そして保険申請まで責任を持って対応いたします。

保険申請に必要な書類もご準備いたします。

  • 被害がわかる写真・報告書
  • 修理箇所の工事見積書

火災保険で外壁修理

自然災害による被害状況に合わせて、復旧のための外壁修理や外壁塗装などを行います。
暴風雨にさらされたり、風でものが飛んできて、「外壁が破損した・へこんだ」「タイルが割れた・外れた」といった場合、症状に応じて補修や新しいものへ交換をします。金属系の外壁材や付帯部はへこみやキズができると、そこからサビが発生して著しい劣化を招きかねません。状況を確認し、外壁材の張替えや外壁塗装を行います。
また、雨漏りというと屋根が原因と考えがちですが、外壁に問題があるケースもあります。外壁は窓、雨戸、バルコニーなどとも接し、建物それぞれの構造とも関わって、根本的な原因特定は難しいのですが、放置すると大切なお住まい全体に被害が及ぶ可能性も。雨漏りがある場合、適切な見極めと修理を行っている私たちプロにご相談ください。

横山建装の外壁塗装について

火災保険で屋根修理・雨漏り修理

自然災害による被害状況に合わせて、復旧のための屋根修理、天窓修理、天井修理などを行います。
台風で特に被害が出やすいのが瓦屋根です。構造上、風によって飛散やズレが起きやすいためです。瓦に割れや欠けなどがなければ組み直しますが、不具合があれば同一のものを取り寄せて差し替えます。漆喰(しっくい)が剥がれた場合は、その補修も行います。スレート屋根では、スレートが割れた場合や、棟板金(むねばんきん)が剥がれたり歪んだりした場合は、それぞれ交換します。
このほか、暴風雨などで軒天が剥がれた、雪の重みでベランダ屋根が破壊された、ひょうで棟板金や雨戸の戸袋がへこんだ・雨どいに穴が開いたなどのケースもあり、状況に合わせた修理を実施します。こうした屋根修理は、足場を組んでから工事に取り掛かります。

横山建装の屋根塗装・雨漏り修理について

火災保険を申請する場合、
以下にご注意ください。

被害から「3年以内」の申請が必要です。

申請は、自然災害による破損から3年以内に行うよう保険法で決められています。
被害に気づいたら速やかに手続きしましょう。
なお、火災保険は何度利用しても保険料が上がることはありません。

「施工完了後」の工事でも申請できます。

自然災害で被害を受け、工事をすでに行った場合でも、3年以内なら申請が可能です。
ただ、適用されるかどうかは分からないため、できれば工事前に早めの申請がおすすめです。

被害状況が分かりやすい「写真」を残しておきましょう。

申請が認められるためには、自然災害が原因と分かる証拠写真が大切なので、被害状況を必ず撮影しておきましょう。
被害後に撮影することで、経年劣化と区別しやすくなるからです。
もし、ものがぶつかった場合で、それが残っているなら保存しておきます。
ただし、屋根の被害で写真を撮るのが危険で難しい場合、専門業者に任せる方が安心です。

修理費用が保険の「免責金額」を下回っていないかを確認します。

保険によって、自己負担する「免責金額」が設定されているのでチェックしましょう。
ご契約が「損害額20万円以上型」の場合、修理費用が20万円以上であれば、自己負担なしで保険金が支払われます。
もし、20万円に満たないと保険金はまったく支払われませんが、足場を組む工事の場合は20万円を超えることが
ほとんどなので、申請対象になる可能性は高くなります。
なお、修理費用から自己負担額を差し引いて保険金が支払われる「自己負担型」も、
保険修理の専門業者なら工事費のなかで調整してくれ、実質的に負担がないケースも多いです。

このようなケースは、火災保険の適用外です。

火災保険で補償されないのは、老朽化や長年の風雨による「経年劣化」です。
もし自然災害で被害があれば、被害直後に保険会社に連絡する方が、
不自然さはなく審査がスムーズに進む可能性があります。
また、「過失」があったと認定された場合も、適用されないためご注意を。
例えば、台風や竜巻などで屋根が破損したものの、原因が窓の閉め忘れなどにある場合です。
火災保険のプランによって補償される災害は異なり、
ベーシックな「住宅火災保険」では風災は適用されますが、洪水などの水災はカバーしていません。

火災保険を悪用した詐欺行為にご注意!

最近、火災保険の申請において悪徳業者とのトラブルが発生しています。
「申請は必ず通ると言われたのに、認定されずに自己負担となった」「火災保険が使えると聞いて費用を前払いしたけど、
工事をしてくれない」「代理申請すると言ったが、工事後に申請していないと分かった」などのケースがあり、
国民生活センターでもこうした詐欺行為に注意を呼びかけています。

横山建装では下記を遵守し、
誠心誠意対応いたします!

横山建装はベテラン職人が複数在籍し、確かな技術で信用を築いてきた地元密着型企業。
以下を遵守し、誠実な対応と高品質な施工に努めています。
火災保険を利用した補修工事も、プロならではのアドバイスとご提案、保険申請サポート、施工でしっかりと対応します。
・火災保険内容と外壁・屋根工事について熟知し、ご相談を承ります。
・被害の状況をプロの視点で確認し、適切な修理をご提案・実行します。
・復旧にかかる修理の内容と、見積もりの内訳をしっかりとご説明します。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。