外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

屋根を美しく守る! 助成金を活用した屋根の塗装のポイント 大府市・東浦町・東海市で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

屋根を美しく守る! 助成金を活用した屋根の塗装のポイント

2024.03.31

外壁塗装

屋根塗装は、美観を保つだけでなく建物の寿命を延ばす重要な役割を担っています。紫外線、雨、風といった自然の厳しい条件下で日々劣化する屋根にとって、塗膜による保護は必須です。特に防水性の低い屋根材を使用している場合、塗膜の劣化は建物全体の損傷を招く原因となります。
屋根の塗装には助成金・補助金などを使って費用を抑えて行うことが重要です。ここでは、屋根の塗装の概要と助成金・補助金について解説します。

屋根の塗装は行った方が良い

屋根塗装はただの美観維持以上の重要な役割を果たします。日々、紫外線や雨、風にさらされる屋根は、特に防水性が低い素材である場合、塗膜による保護が欠かせません。

屋根の塗装はなぜ必要なのか

屋根は日々、紫外線、雨、風などの自然要素に晒され続けています。特にスレートや金属などの屋根材は、セメントを主成分としており、本来防水性が低いため、塗膜によるコーティングが不可欠です​​。塗膜が劣化すると、水分が屋根材に浸透し、屋根の下地や屋根裏、さらには室内にまで湿気が広がり、建物全体の劣化を早める原因となります。さらに、塗装が劣化すると、屋根材は水を吸収し、乾燥時には収縮を繰り返すことで割れや反りが生じやすくなり、固定部分の緩みや屋根材の脱落の原因となることもあります​​。

屋根塗装のおすすめのタイミング

屋根塗装は定期的なメンテナンスとして必要不可欠であり、建物の健全性を維持するためにも重要です。スレート屋根の場合、7〜10年ごとが塗り替えの目安とされていますが、実際のタイミングは建物の立地条件や使用している屋根材の種類、前回の塗装からの経過年数などによって異なります​​。外壁塗装と同時期に行うことでコスト削減にも繋がります。

屋根の塗装にかかる費用相場

屋根塗装の費用は、塗料の種類、屋根の面積、屋根の状態、業者によって異なりますが、一般的には15万円から80万円程度が相場とされています​​。具体的な価格は、使用する塗料の種類や屋根の大きさ、形状、足場の設置の有無などによって変わります。修理が必要な箇所がある場合は、補修工事費も別途必要です。

屋根の塗装に使う塗料の選び方

屋根塗装に使用される主な塗料は、基本的に外壁塗装に使用されるものと同じで、アクリル系、シリコン系、ウレタン系、フッ素系などがあります。それぞれに特性が異なり、用途や目的によって選択が変わります。

屋根塗装は、建物を保護し、美観を維持するために欠かせないメンテナンス作業です。塗料の選択に際しては、耐候性、耐久性、環境負荷、そしてコストのバランスを考慮し、最適なものを選ぶことが重要となります。定期的なチェックと適切なメンテナンスによって、屋根の寿命を延ばし、長期的に美しい外観を保つことが可能です。また、塗料の技術進化に注目し、新しい機能や環境配慮型の塗料を選択することで、より快適で持続可能な住環境の実現に貢献できるでしょう。

選択時の考慮点

屋根塗装の塗料を選ぶ際には、以下の点を考慮する必要があります。

  • 気候条件: 日照量が多い地域や風雨の強い地域では、耐候性の高い塗料を選ぶべきです。
  • 屋根材の種類: スレート屋根や金属屋根など、屋根材によって適した塗料が異なります。特に金属屋根の場合は熱反射性能の高い塗料が推奨されます。
  • 長期的なコスト: 初期投資とメンテナンスコストを考慮し、トータルコストが最も低くなる塗料を選ぶことが経済的です。
  • 環境への影響: 環境に優しい水性塗料や、VOC(揮発性有機化合物)の少ない塗料の選択も重要なポイントです。

メンテナンスと再塗装

屋根塗装は定期的なメンテナンスが必須です。塗装面のチェックを定期的に行い、小さなひび割れや剥がれが見つかった場合は早めに対処することで、大きな損傷を防ぎます。また、塗料の耐用年数に応じて再塗装の計画も立てることも必要です。一般的に、シリコン系塗料であれば7〜10年、フッ素系塗料であれば10〜15年が再塗装の目安とされていますが、実際の耐用年数は気候条件や塗装の施工品質によって左右されます。

環境負荷を考慮した塗装

近年では、環境への影響を最小限に抑えるための塗料も注目されています。特に、有害物質の排出を抑えたエコ塗料の選択は、持続可能な社会に貢献する選択と言えるでしょう。エコ塗料は従来の塗料と比べて耐久性や機能性に劣ることがなく、健康や環境への配慮を考える屋根塗装において優れた選択肢です。

屋根の塗装にかかる費用

使用する塗料によって塗装の費用が変わるのは外壁塗装と同じですが、その他にも屋根の面積、屋根の劣化状態、業者の選択なども費用相場に影響します。

屋根の面積

屋根の面積が大きいほど、塗装に必要な材料や作業時間が増えるため、費用も上がります。屋根の面積は住宅の大きさ(坪数)によって変わりますが、一般的な30坪の住宅で約50~100㎡程度、50坪では約90~170㎡程度となります。屋根の勾配や形状によっても実際の面積は変わるため、見積もり時には注意が必要です​​。

屋根の劣化状況

屋根の劣化が進んでいる場合、下地処理による追加の費用がかかることがあります。破損や雨漏りなどの修理が必要な場合は、その費用も考慮に入れる必要があります​​。

業者の選択

自社施工を行っている業者に依頼すると、中間マージンがかからない分、費用を抑えることができます。大手企業や下請けを多用する業者は、追加のマージンがかかるため、費用が高くなる傾向があります​​。

屋根の塗装費用を抑えるコツ

屋根塗装の費用を抑えるには、以下を意識すると良いでしょう。

  • 自社施工を行っている業者に依頼する
  • 複数の業者から見積もりを取って比較する
  • 費用対効果の高い塗料を選ぶ
  • 補助金や助成金を活用する
  • 業者の閑散期に依頼する

また、屋根のトラブルに関しては、火災保険の中に「風災」での被害を保険の対象としている場合が多いため、保険の適用が可能かどうか確認することも一つの方法です。

費用を抑えつつも質の高い屋根塗装を実現するには、これらのポイントを踏まえて慎重に業者選びを行うことが重要です。

屋根の塗装で助成金・補助金の対象となる場合

屋根塗装に関連する助成金や補助金を受け取ることができるケースには、主に住宅リフォームと省エネリフォームがあります。これらの制度は、地域の環境保全、エネルギー効率の向上、住民の生活環境改善を目的として、地方自治体により提供されています。

住宅リフォームに該当する場合

住宅リフォームに関連する助成金や補助金は、リフォーム全般に対して提供されることがあります。神奈川県三浦市の例では、市内の経済活性化と市民の住環境改善を目指し、広範囲なリフォーム工事に対して助成を行っており、屋根や外壁の塗装も対象になっています​​。このような制度は、住宅のメンテナンスや美観向上に貢献するためのもので、一般的に屋根塗装を含めたリフォーム工事に利用可能です。

省エネリフォームに該当する場合

省エネリフォームに関連する助成金や補助金は、特に省エネ対策に貢献するリフォームに対して提供されます。遮熱塗料や断熱塗料を使用する屋根塗装工事が、このカテゴリに該当することが多いです。たとえば、遮熱塗料を使用した塗装は、夏の高温を緩和しエアコンの使用を減らすことで、エネルギー消費の削減に寄与します。これは、ヒートアイランド現象の緩和に効果的です​​。

自治体によっては、屋根塗装専用の助成金や補助金を設けていない場合もありますが、一般的なリフォームや省エネリフォームの対象として屋根塗装が含まれることがあります。

まずは住んでいる自治体に該当する助成金・補助金があるか調べる

屋根の塗装に関する助成金や補助金を受けるためには、いくつかのステップが必要です。まず、自分が住んでいる地域の自治体にどのような助成金・補助金制度があるかを調べることから始めましょう。これは、自治体の公式ウェブサイトを調べるか、直接窓口に問い合わせることで確認が可能です​​。

助成金と補助金にはそれぞれ異なる特徴があります。助成金は特定の条件を満たすだけで比較的受け取りやすい一方で、補助金は申請時に審査があり、条件が厳しく設定されていることが多いですが、支給される金額が大きい傾向にあります​​。

助成金・補助金の申請方法

助成金や補助金の申請にあたっては、施工前に自治体への申請が必要な場合が多く、事前に自治体の窓口や公式サイトで申請方法や必要書類を確認することが重要です。工事の見積書や施工業者の資格情報、工事後の完成報告書など、複数の書類が求められることが一般的です 。

申請書の提出先は、自治体によって異なりますが、多くの場合は市町村の役場や指定された部署が窓口となります。申請後は自治体による審査が行われ、審査を通過した後に助成金や補助金が交付されるという流れになります。審査期間は自治体や申請内容によって異なるため、計画的に申請手続きを行うことが重要です。

助成金や補助金の申請に際しては、期限や申請条件を厳守し、申請書の記入漏れや不備がないよう注意深く確認しましょう。補助金は予算が限られていることも多く、早く申請しないと受給できない場合があります。
また、工事完了後には成果報告や経費精算のための書類提出が必要な場合もありますので、自治体の指示に従って適切に手続きを行うことが必要です。

屋根塗装での助成金・補助金の活用は、費用負担を軽減し、住宅の省エネリフォームやメンテナンスを行う大きな支援となります。適切な申請と計画的な施工を行うことで、資金面でのサポートを受けながら、住宅の快適性や価値を向上させることが可能です。

屋根の塗装は補助金・助成金を使うことで安く抑えられる

屋根塗装によって形成される塗膜は、屋根材の表面を保護し、雨水の浸透を防ぎます。これにより、屋根材が湿気を持ち、カビやコケの発生を防ぎ、屋根の基本機能を維持することが可能です。

屋根塗装の適切なタイミングは、一般的にはスレート屋根の場合7〜10年ごとが目安とされていますが、これは使用している屋根材の種類や建物の立地条件、前回の塗装からの経過年数などによって異なります。定期的なメンテナンスとして屋根塗装を行うことで、屋根の防水性や耐久性を向上させることができるため、建物の健全性を維持する上で欠かせない作業と言えるでしょう。

屋根塗装にかかる費用は、使用する塗料の種類や屋根の面積、屋根の状態、業者の選定などによって大きく変動します。一般的には15万円から80万円程度が相場とされており、具体的な費用は見積もりを取ることで確定します。また、屋根塗装に際しては、アクリル系、シリコン系、ウレタン系、フッ素系などの塗料から選択することになりますが、それぞれに特性が異なるため、気候条件や屋根材の種類、長期的なコスト、環境への影響などを考慮して選択することが重要です。

また、屋根塗装の際には、自治体から提供される助成金や補助金を活用することで、費用負担を軽減することができる場合があります。これらの制度は、地域の環境保全やエネルギー効率の向上、住民の生活環境改善を目的として提供されているため、住宅の省エネリフォームやメンテナンスを行う際に大きな支援となります。利用を検討する場合には、事前に自分が住んでいる地域の自治体にどのような助成金・補助金制度があるかを調べ、適切な申請と計画的な施工を行うことが重要です。

屋根塗装を検討する際には、専門の業者に相談することが推奨されます。専門業者は、屋根の状態を正確に診断し、最適な塗料の選択や施工方法を提案してくれます。また、万が一屋根材が破損していた場合には、塗装だけでなく、必要に応じて葺き替え工事まで対応してくれるため、安心して任せることができるでしょう。

屋根塗装は単なる美観の維持にとどまらず、屋根の機能を維持し、建物全体の耐久性を高めるために重要な役割を果たします。定期的なメンテナンスと適切な施工によって、建物の寿命を延ばし、快適な住環境を維持することができます。さらに、助成金や補助金の活用によって経済的な負担を軽減し、環境に優しい選択を行うことで、持続可能な社会づくりにも貢献することが可能です。屋根塗装を通じて、建物の価値を高め、より良い住環境を実現しましょう。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。