外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

外壁の色をグレーにしたい方へ 後悔しないためのポイントを解説 大府市・東浦町・東海市で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

外壁の色をグレーにしたい方へ 後悔しないためのポイントを解説

2024.02.27

外壁塗装

外壁塗装の色選びでは、選ばれやすい色がある程度決まっています。目立ち過ぎず、落ち着いたシックな味わいをもたらすグレーは、その中でも人気の定番色です。しかし、多くの人から支持を集めるグレーを選んだにも関わらず、その選択を後悔している方もいらっしゃいます。

塗装の色にグレーを選んで後悔しないように、この記事ではグレーを選んだときにどういった点に注意するべきなのか、解説します。

外壁の色をグレーにして後悔する理由

外壁をグレーに塗装することは、モダンで洗練された外観を実現できる一方で、意外な落とし穴も存在します。多くの人がグレーの外壁に期待する汚れにくさや、スマートなデザイン性が実際には期待外れに終わることがあります。

予想よりも汚れが目立つ

汚れが目立たないことを期待してグレーを外壁の色に選んだにも関わらず、実際は予想よりも汚れが目立ってしまったということがあります。白に近い薄いグレーや、黒に近い濃いグレーだと汚れが目立ちやすくなってしまうからです。

地味で個性がない

グレーはスマートなデザイン性と個性の両方に期待されがちですが、その人気により周囲に似たような外壁の住宅が増えてしまい、個性を演出することが難しくなっています。この問題を解決するためには、グレーを基調にしつつもツートンカラーの採用など、他の色との組み合わせを検討することが有効です​​。

古ぼけて見える

グレーの外壁が古ぼけて見える理由は、主に塗料のツヤの有無に関係しています。ツヤがない場合、外壁がザラザラして見え、色あせて古ぼけた印象を与えることがあります。塗料のツヤがあるものを選択することで解決できる可能性があります。塗料にはツヤありとツヤなしの種類があり、使用する塗料によっては、ツヤの具合を調整することも可能です。ツヤがある方が色がくっきりと映え、より華やかな印象を与えることができます​​​​。

外壁の色をグレーにする際に気を付けるべきこと

外壁の色をグレーにする際には、以下の4つを意識して色選びをしましょう。

  • 周辺環境も考慮に入れた上で色選びをする
  • 明度も考えてグレーを選ぶ
  • 屋根・サッシ・ドアの色と合うか考えて選ぶ
  • ツヤの有無も考える

グレーの外壁を選ぶ際には、これらのポイントを総合的に考慮して最適な色を選ぶことが重要です。色選びは慎重に行い、可能であれば専門家の意見も参考にしながら、納得のいく色を選びましょう。

周辺環境も考慮に入れた上で色選びをする

グレーは周囲の環境と調和しやすい色ですが、その落ち着いた色合いが周囲の景観とどのようにマッチするかを考慮することが重要です。周辺の家や自然などとの調和を考えながら、グレーの色調を選ぶことが求められます​​。
ただ、周囲の環境に調和しつつも、少し目立つくらいの個性が欲しい場合はグレーの色調を明るめにしてみたり、ツートンカラーにしてみるなどの工夫を加えると良いでしょう。

明度も考えてグレーを選ぶ

グレーには様々な明度があり、その明度によって家の印象が大きく変わります。明るいグレーは軽やかで爽やかな印象を、暗いグレーは重厚で落ち着いた印象を与えます。どのような雰囲気の外観を目指しているのか、言語化してはっきりとさせることで、納得できるグレーの色が選べるでしょう。

屋根・サッシ・ドアの色と合うか考えて選ぶ

外壁だけでなく、屋根やサッシ、ドアなどの色との組み合わせも重要です。グレーは様々な色と調和しやすい色ですが、全体のバランスを考えた上で、統一感のある色合いを選ぶことが大切です。特に屋根の色との組み合わせは、家全体の印象を大きく左右します​​。

ツヤの有無も考える

外壁の塗料にはツヤありとツヤなしの選択肢があり、この選択によっても外壁の見え方が変わるので要注意です。ツヤありは光沢があって新品感があり、汚れも付きにくい反面、時には安っぽく見えることがあります。ツヤなしは光沢がなく、高級感がありますが、艶ありに比べると汚れが付着しやすい特徴があります​​。

外壁の色をグレーにするメリット

グレーの外壁は、その汚れが目立ちにくい性質、スタイリッシュな印象、そして配色のしやすさから、様々な建築スタイルや地域の環境に合わせて幅広く採用されています。これらのメリットを活かし、自分の好みや住まいの特性に合った外壁のデザインを選ぶことが大切です。

汚れが目立ちにくい

グレーの外壁は汚れや経年劣化が目立ちにくいという大きなメリットがあります。特に都市部や交通量の多い地域では、砂ぼこりや排気ガスによる汚れが避けられません。グレーの中間色はこれらの汚れを目立ちにくくし、外壁の美観を長期間保つのに役立つためおすすめです。

モダンでシックな印象

グレーの外壁は、シンプルでありながら洗練されたモダンな印象を与えられる色です。色の濃淡によってさまざまな印象を演出でき、デザインの幅が広がります。例えば、青みがかったグレーはクールでスタイリッシュな外観に、モスグレーなどの緑がかったグレーは自然との調和を感じさせる外観に仕上がります。

配色がしやすい

グレーは無彩色であるため、他の色との組み合わせがしやすいというメリットもあります。グレー単色だけでなく、他の色と組み合わせることで、より一層魅力的な外観を創り出すことが可能です。グレーと白を組み合わせることで爽やかな印象に、グレーとブラウンを組み合わせることで温かみのある外観に仕上がります​​​​。

グレーの外壁は、その汚れが目立ちにくい性質、スタイリッシュな印象、そして配色のしやすさから、様々な建築スタイルや地域の環境に合わせて幅広く採用されています。これらのメリットを活かし、自分の好みや住まいの特性に合った外壁のデザインを選ぶことが大切です。

グレーの外壁塗装で工夫すると良い点

現代の住宅デザインでは、外壁の色や素材の選択が住まいの印象を大きく左右します。中でも、グレーはその万能さと洗練された雰囲気で人気の色ですが、単色だけでは物足りなさを感じることも。そこで、木目調のデザインを取り入れたり、ベージュやブラックをアクセントカラーとして組み合わせることで、グレーの外壁に個性と温かみをプラスする具体的なアイディアをご紹介します。これらの工夫により、グレーの外壁が持つモダンな美しさをさらに引き立てることができます。

木目調のデザインにグレーを合わせてみる

グレーの外壁に木目調デザインを取り入れることで、自然の温かみとモダンな洗練さを融合させることができます。家の付帯部に木目調デザインを取り入れ、グレーで塗装すれば、柔和な印象を与えられるでしょう。

ベージュまたはブラックをアクセントカラーにする

グレーの外壁にベージュを加えることで、より柔らかく穏やかな雰囲気を演出できます。ベージュの温かみがグレーのクールさを和らげ、全体的にバランスの取れた印象になります。ベージュを選ぶ際は、黄みが薄いものやブラウンに近いグレーを選ぶと、より自然な調和が生まれるのでおすすめです。

グレーとブラックを組み合わせると、洗練された都会的な印象を与えることができます。同系色であるブラックをアクセントとして使用することで、グレーの外壁に深みとメリハリを加えることができるからえす。「グレーだけでは物足りないけれど、色の組み合わせには慎重になりたい」という方には、この配色がおすすめです​​。

グレーの外壁塗装を成功させられるかは工夫次第

外壁塗装でグレーを選ぶ際は、その多様性と配色のしやすさから多くの人に選ばれていますが、注意すべき点もあります。グレーの外壁は汚れが目立ちにくいと言われますが、実際には薄いグレーや濃いグレーでは汚れが目立つことがあるため、汚れにくさを重視するならば薄すぎず濃すぎないグレーを選ぶと良いでしょう。

また、グレーが多用されることで地味で個性がなく見えることや、塗料のツヤの有無によって古ぼけた印象を与えることがあります。これらの問題を解決するためには、大きなカラーサンプルで色を確認すること、周囲の環境や他の建物との調和を考慮すること、そして光の当たり方や外壁の材質とデザインも色の見え方に大きな影響を与えるため、これらの要素も考慮に入れることが重要です。

グレーの外壁塗装を選ぶ際の工夫として、木目調のデザインを取り入れることで自然の温かみとモダンな洗練さを融合させることができます。さらに、ベージュやブラックをアクセントカラーとして加えることで、より柔らかく穏やかな雰囲気や、洗練された都会的な印象を与えることが可能です。特に、ベージュを加える場合は、黄みが薄いベージュやブラウンに近いグレーを選ぶと、より自然な調和が生まれます。グレーとブラックの組み合わせは、グレーだけでは物足りないが、色の組み合わせには慎重になりたいという方に適しています。

グレーの外壁は、汚れが目立ちにくい、モダンでシックな印象を与える、そして多彩な配色の可能性を持つなど、多くのメリットを提供します。これらの特性を最大限に活かし、個々の住宅や地域の環境に合ったデザインを選ぶことで、グレーの外壁はその魅力を十分に発揮できるでしょう。適切な色選びと工夫を凝らしたデザインにより、グレーの外壁は住宅の美観を高め、長期にわたってその価値を保つことが期待できます。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。