雨漏りが起きた時の応急処置とは?応急処置の時に注意するべきことを紹介します! 大府市・東浦町で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

0120-610-682電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

大府市外壁塗装

東浦町外壁塗装

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

雨漏りが起きた時の応急処置とは?応急処置の時に注意するべきことを紹介します!

2023.01.14

雨漏り修理

突然、雨漏りが発生すると心配になりますよね。
雨漏り発生時に焦らずにどんな行動するべきか知っておくことをおすすめします。
そこで、雨漏りした時の応急処置と応急処置する時に注意するべきことがあるので同時にお伝えします。

□雨漏りした時の応急処置とは?

1つ目は、天井や床のシミの発生を防ぐことです。
天井からの雨漏りは、床に染み込むことでシミの原因になります。
そのため、バケツを設置することで床に落ちる水滴のシミ予防ができます。
この時にバケツ周辺にタオルや新聞紙を置くことで水ハネによるシミを防げるでしょう。

また、雨漏り箇所から糸を垂らしたり、ビニール袋で水を溜めてバケツに誘導する方法もあります。

2つ目は、窓やサッシからのシミの発生を防ぐことです。
水分を弾くビニールシートやゴミ袋を敷いて、水分を吸収しやすいタオルや雑巾で吸い取るようにしましょう。
また、カーテンが濡れないように小さくまとめたり、取り外したりするとカーテンのシミを防げます。

□雨漏りの応急処置での注意点?

1つ目は、雨漏りする箇所を特定しないまま補修することです。
目に見える場所を補修すれば、雨漏りを防げるとお考えの方もいます。

しかし、この補修は雨水の流れを変えるだけで、雨漏りの根本を解決できません。
むしろ、雨漏りの進行を加速させる事態に発展するかもしれません。
そのため、雨漏りの根本から修理することが大切ですが、雨漏りする箇所を特定することは容易ではありません。

2つ目は、外れそうになっている板に釘を打つことです。
雨漏りの応急処置として板を貼り付けようとする方もいるかもしれませんが、その時に釘を打つことはおすすめできません。
釘が屋根を貫通すると雨漏りをひどくさせる恐れがあります。
そのため、ベテラン職人が揃っている当社にお任せください。

雨漏りを自分で修理しようと試みて雨漏りをひどくするケースはよくあります。
そのため、自分で直そうとせずに雨漏り修理会社に依頼する方が良いでしょう。

□まとめ

雨漏りが発生した場合は、シミの発生を防ぐために応急処置をしましょう。
補修や板によって修理しようとして雨漏りが悪化するケースがあります。
そのため、修理するのではなくシミの発生を防ぐ程度にして雨漏り修理会社に依頼することをおすすめします。
当社は、雨漏り修理や屋根塗装に対応しております。
また、ベテラン職人が揃っておりますので雨漏りでお困りの際はお気軽に当社にご相談ください。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。