外壁塗装をお考えの方へ!メリットをご紹介します! 大府市・東浦町で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

外壁塗装をお考えの方へ!メリットをご紹介します!

2022.07.20

外壁塗装

「外壁塗装はお金がかかるし、やらなくても良いかな」
外壁塗装の費用は決して安くないため、このように思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、外壁塗装は家の耐久性を維持するために非常に重要なメンテナンスの1つです。
今回は、外壁塗装を行うメリットと、外壁が劣化したまま放置することの危険性についてご紹介します。

□外壁塗装を行うメリットを紹介!

外壁塗装には様々なメリットがあります。
ここでは、3つのメリットをご紹介します。

1つ目は、美観を維持・向上できることです。
住宅の外観は、紫外線や雨風の影響により経年劣化し、傷や汚れが目立ってしまいます。
外壁塗装を行うことで、新築のようなきれいな外観になります。
マイホームの美観を維持することで、マイホームを売却する時にも高値が期待できます。

2つ目は、耐久性をアップできることです。
外壁塗装で形成された塗膜は雨や風、振動などから外壁を保護します。
外壁塗装を定期的に行うことで、塗膜が本来の効果を発揮し、高い耐久性を維持します。

3つ目は、遮熱効果・断熱効果が得られることです。
外壁塗装で遮熱効果に優れた塗料を外壁に塗布することで、外壁が紫外線から受けるダメージを軽減し、建物を長持ちさせられます。
また、外壁塗装には断熱性能をアップさせるメリットもあります。
クラックなどが起きにくくなることで、建物に隙間ができにくくなり、断熱性能が高まります。

□外壁塗装は定期的に!

仕事や育児等が忙しく、外壁塗装を依頼するのが予定より遅くなってしまうことは少なくありません。
しかし、外壁塗装を先延ばしにし続けた場合、家に様々な悪影響が起こる恐れがあります。
ここでは、外壁塗装を放置した場合に考えられる危険性についていくつかご紹介します。

1つ目は、住宅の構造躯体まで傷んでしまうことです。
外壁塗装を放置すると塗膜以外の様々な場所に不具合が生じ、最終的には莫大な補修費用がかかる恐れがあります。
特に住宅の構造躯体が傷んでしまうと高額な補修費用が必要になります。

2つ目は、断熱効果が下がり室内の温度が外気に影響されることです。
外壁と内壁の間には一般的に断熱材が充填されています。
しかし、塗膜がはがれたり外壁材がひび割れたりすると、内部に雨水が浸水し、断熱効果が著しく低下します。
断熱効果が低下すると、快適に過ごせないだけでなく、電気代が高くなったり、ヒートショック現象のリスクがあったりします。

□まとめ

本記事では、外壁塗装を行うメリットと、外壁が劣化したまま放置することの危険性についてご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てば幸いです。
外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。