外壁塗装をお考えの方へ!フッ素系塗料のメリット・デメリットをご紹介! 大府市・東浦町で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

外壁塗装をお考えの方へ!フッ素系塗料のメリット・デメリットをご紹介!

2022.07.4

外壁塗装

外壁塗装に使用する塗料の1つにフッ素塗料があります。
フッ素塗料は耐久性が高く、最近は一般住宅にも使用されるようになっています。
今回は、フッ素塗料のメリット・デメリット、フッ素塗料が適した建物の特徴をご紹介します。
外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□フッ素塗料のメリット・デメリットをご紹介!

フッ素塗料のメリットは3つあります。

1つ目は、耐用年数が長いことです。
フッ素塗料は高価な分、耐用年数に優れています。

2つ目は、メンテナンスコストを削減できることです。
耐用年数が長いため、長期間でみた場合、塗り替えリフォームの回数を減らせます。
そのため、トータルコストコストを抑えられます。

3つ目は、光沢が美しく長持ちしやすいことです。
フッ素塗料は親水性を高めるために、ツヤあり塗料となっています。

フッ素塗料のデメリットは3つあります。

1つ目は、価格が高いことです。
フッ素塗料は、塗料の中でも特に高価な塗料の1つと言えます。

2つ目は、ツヤあり塗料しか選べないことです。
メリットの方で解説した通り、フッ素塗料は親水性を高めるため、ツヤあり塗料になっています。
そのため、塗装するとピカピカで光沢のある仕上がりになります。
逆に言うと、ツヤあり塗料しか選べないため、マットな艶消し仕上げを希望する方には不向きもしれません。

3つ目は、塗膜が硬く追従性に劣ることです。
フッ素塗料は、他の塗装に比べて塗膜が硬く伸びにくいです。
そのため、一度外壁にひび割れが発生すると塗膜も一緒に割れてしまうことがあります。
モルタル外壁などの動きのある素材に塗装する場合は注意が必要です。

□フッ素塗料が適した建物の特徴をご紹介!

フッ素塗料は耐久性が高く、ビルや商業施設など大型の施設でよく使用されています。
大型の施設は、費用と時間がかかりやすいため容易に施工ができない場合も多く、そのため耐久性の高いフッ素塗料が選ばれています。

また、最近では一般住宅で使用される機会も増えています。
ただし、価格が高い分、全体というよりかは限られた箇所に使われることが多いです。
たとえば、外壁にシリコン塗料やウレタン塗料を、屋根にフッ系塗料を塗装するといった感じです。

□まとめ

本記事では、フッ素塗料のメリット・デメリットとフッ素塗料が適した建物の特徴をご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てば幸いです。
外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。