色あせの原因とは?外壁塗装をお考えの方必見です! 大府市・東浦町で外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装

外壁塗装・雨漏り修理なら横山建装ロゴ

スタッフブログ

色あせの原因とは?外壁塗装をお考えの方必見です!

2022.06.30

外壁塗装

「外壁の色あせが目立ってきたけど、外壁塗装はまだでいいかな」
このような認識でいる方は注意が必要です。
色あせは甘く見られがちですが、実は劣化のサインであり、住宅に大きな悪影響を与えるリスクがあります。
今回は、外壁が色あせてしまう原因と対策をご紹介します。

□外壁の色あせの原因とは?

外壁が色あせてしまう原因は主に3つあります。

1つ目は、紫外線による塗料の劣化です。
紫外線による外壁の経年劣化は、3つの原因の中で最も多いです。
外壁は日中常に紫外線にさらされ続けます。
このとき、塗料の顔料を構成している原子の結合が破壊され、本来の色が出せなくなってしまうのです。

2つ目は、化学変化による影響です。
化学変化によって色あせてしまうこともあります。

代表的なものが錆びです。
金属に酸素と水が当たると酸化反応を起こし、錆びることで見た目が変わります。
正確には色あせではありませんが、本来の色合いとは異なる見た目になるため外観を損なう可能性が高いです。

3つ目は、施工不良による変質です。
原因が施工業者にある場合もあります。
外壁塗装では下塗り・中塗り・上塗りの三度塗りが基本的です。

しかし塗料が完全に乾く前に重ね塗りしたり、塗装回数が少なかったりすると劣化が急速に進み色あせてしまいます。
このような施工不良による色あせは、他の色あせとは違い、部分的に色あせる傾向があります。
施工不良による色あせが考えられる場合は、施工会社に問い合わせてみましょう。

□外壁の色あせの対策方法を紹介!

ここまで、外壁の色あせの原因をご紹介しました。
続いて、外壁の色あせの対策をご紹介します。

外壁の色あせの対策には、定期的な外壁塗装が有効です。
外壁塗装で新しい塗膜を作ることで、色あせや変色を改善できます。
新築時に選んだ外壁の種類や使用した塗料によって最適な外壁塗装のタイミングは異なりますが、一般的に10年程度と言われています。

また、色あせや変色のしにくい塗料を選ぶことも重要です。
たとえば、原色系の鮮やかな色は色あせしやすいため、クリームやベージュ、グレー系の色を選択すると良いです。
塗料は、ウレタン系塗料やシリコン系塗料、フッ素系塗料がおすすめです。

□まとめ

本記事では、外壁が色あせてしまう原因と対策をご紹介しました。
定期的な外壁塗装と塗料選びが色あせの対策に必要不可欠です。
本稿が皆さんのお役に立てば幸いです。
外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

まずは無料で点検・診断致します!

電話受付/9:00-20:00

ご相談・お問合わせ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。